ブログ

箱造り〜

IMG_2416

お寺に納める返納箱(御札、お守りを返す箱)を作ってます。

一度に組んでクランプで硬めてます。

IMG_2417

こんな感じに出来ました。だだの箱にするのも面白くないので入れ口を格狭間にしてみました。

IMG_2418

ちょっと、茶道具っぽくしてみた。

IMG_2421

裏側です。

IMG_2420

底板をスライドすれば取れる様になってます。

久々に箱物つくると楽しいですね。

数寄屋の仕事〜

 

 

数寄屋建築は丸太や竹、曲がった木材を多様に使います。

IMG_2328

どのように使うかで表情が変わるので難しいけど楽しくもある。

IMG_2324

今は便利な機械があるので効率よく進めることが出来ますが、昔の大工さんは何もない時代に本当によくやったと思います。

IMG_2325

応援先の大工さんが削った床板!!材料と腕が素晴らしいとこの様な事になります。

凄いの一言!!

 

IMG_2320

現場は毎日こんなに良い眺めの所で仕事させていただいてます。

こんな環境にいれる事に感謝、そして明日もまた頑張ろう!!

IMG_2336

 

北山杉の面皮加工、竹の子の季節〜

IMG_2226

北山丸太を面皮柱に加工して墨付け。

丸太の曲がりや表情をみてどう使うか決めます。少し角度を変えるだけで全然ちがう表情になるので難しくも有りまたそこが面白くもあります。

IMG_2227

足元だけ面をつける事もあります。上の方は丸太のまま。

これ、「竹の子」って言います。先が細くなって竹の子みたいですね。

竹の子狩りならぬ、竹の子作り〜。

 

 

番付。いろはにほへと・・・・・

IMG_2217

応援先で一区画を担当させて頂いて、墨付け。

建物には「番付」っと言って「いろは・・・」の列と「一二三・・」の列で場所の名前を付けます。「い」の列と「三」の列の交差する場所は「い三」(いのさん)って言う感じになります。

で、今回はじめて「ゑ」なんて書いた!!ちなみに「ゑ」は「え」です。

IMG_2219

「ゑ」って言ってもピンと来ないですね。正直、僕もぴんと来ません(笑)

それでは、「ゑ」は何処なのか・・・・・おさらいしましょう

「いろはにほへと  ちりぬるを  わかよたれそ  つねならむ

うゐのおくやま  けふこえて  あさききゆめみし  ゑひもせすん」

44番目です。最後から6番目、そりゃピンとこんわ(笑)

いろは、は「いろは歌」と言って歌詞なっているので覚えやすくなっていて

僕がさせていただいている区画は「あさきゆめみしゑひもせすん」のゾーン

印象深い歌詞なので覚えやすいですね。

IMG_2221

しかしこの建物、「ん」まである・・。いや、「せ」〜「す」間、空いてます?

無理やり「ん」にもって行きましたね〜。

なにせ、広い建物って事ですな。

新しい砥石を使ってみる!!楽し〜

IMG_2205

気になっていた砥石。買ってみました。400番と3000番

400番は刃こぼれがあるときに良いかな〜っと思い早速使ってみた。

IMG_2206

欠けてしまったノミ。研磨力のある砥石じゃないとちょっとつらい欠け。

IMG_2207

期待通り400番だから結構おろします。砥石の当りは柔らかい感じ。

さらに良い感じなのは400番にしてはなめらか。傷も思っていたよりも深くない

戸面は柔らかい分崩れやすいですがその分、治しやすい。僕はちょうど扱いやすい砥石だなと思った。

IMG_2209

400番の後、いきなり10000番の仕上げ(ナニワの10000)を当てみた

ノミならこの感じでも十分だと思う。

400番から仕上げ砥にいくには研磨力のある仕上げ砥じゃないとだめかな〜と言う感じですが、最近10000番くらいの新しい人造砥石が何種類か出てきているのでそれもまた気になる所です。

皆さん色々と研究して進化していく、いつになったらもう十分って満足するのでしょう?「研ぎ一生」って言葉があるぐらいだから十分満足することは無いんだろうな〜

終わる時は満足では無くて「これでもう良い」って言う妥協や諦めなんだろうな〜

明日から、ユニフォームチェンジ!

IMG_2090

明日からは独立前に務めていた工務店にお手伝い!

呼んでもらえる事の嬉しさと、また中村の大工さんと仕事ができる嬉しさと、

ハイレベルな仕事にたずさわる緊張感でワクワクです。

補強工事後、二階床の工事

IMG_1965

二階の梁の補強、新しい柱、梁を入れて行く様子です。

IMG_1969

一人で吊りながらの作業です

IMG_1972

梁の次に柱、

IMG_1981

そしてまた梁。筋交いの金物を取り付けして床に取り掛かります

IMG_2009

根太の下にある部材はこの床の高低差がそれだけあるって事になります

IMG_2021

まるでスロープの用な高低差!!

IMG_2030

色々微調整して床をフラットにして行きます

IMG_2040

スカッとなったよーーーー。

階段も、再生工事

IMG_1899

既存の階段、じゅうたん張りのボンド&ペンキでコテコテだったのでペーパーで研磨して綺麗にしました。材質はラワン。今買うと高い材木です。

IMG_1467

解体まえの階段。懐かしいな〜。

IMG_1901

ボンド。ペンキを落とすと傷んだ所が結構あったので、補修工事

IMG_1909

少しずつ手直しして階段を掛け直して〜

IMG_1907

再生完了!!無垢だからちょと直して使える!少々傷やよごれはありますが、古くていい味が出てますね

斫った補強梁

 

 

IMG_1715

補強梁に斫った梁を入れてはどうですか?

と、お客様にプレゼンのため目の前で斫ってアピール!!

IMG_1717

前に斫って寝かしてあった梁を所定の位置にぶら下げてこんな感じですって見てもらいました。

 

IMG_1720

OKが出たので早速仕込み!!

IMG_1723

ホイスト使って、プチ建て方〜。組んでから、ふぃふぃ言いながら何とか出来た

IMG_1737

既存の梁も化粧になるので火打ち金物を木に変更。

解体した古材を使います、が、「また、良からぬ物を切ってしまった・・・・・・」いや、切れてません(泣)釘さんが隠れていました。古民家、あるあるです。

鋸刃はやられてしまいましたわ。

IMG_1738

でも、あたかも前からあったかのようになりましたね。

IMG_1741

後は既存の床板を張って一階の天井仕上がりです。

板のノコ目が良い雰囲気出してますね。斫った梁といい感じに納まったと思います。

ただ綺麗にするのではなくて昔からある物に合わせて行く楽しみが古民家の良さです

 

構造補強工事。柱の根継ぎ

道路に面した一階外壁部分は撤去して新しい基礎に新しい柱を立てていきます。

家中はジャッキアップの嵐。開放感半端ないですね。

通行人の皆さんにジロジロ見られながら、家、倒れて来ないの?なんて言われながらやってます(笑)IMG_1581

新しい柱を順番に入れ替え、通し柱は根継ぎします。

IMG_1584

通し柱を刻みました。追掛け継です。

IMG_1586

根継ぎ完了。後は新しい柱を抱かせて通し柱の補強は完成です。

IMG_1591

1 / 512345

▲TOPへ