2016年3月の一覧

床の間の仕事 内法の鉋仕上げ

IMG_0865

仏間に使う松の柾板を木取りました〜。そして仕上げ。

IMG_0868

征目の逆目がキツイ!!ヤニも凄い!逆目を止めるには薄く削る。

IMG_1009

松の柾板で敷居を造ります。下地も松です

IMG_1010

クランプで挟んでしっかり固定。後は乾くのをまつのみ

IMG_1011

一丁、出来上がり!

 

IMG_1012

続いて内法の仕上げ、杉の白太です、やっぱり白太は難しい(汗)

IMG_1013

艶、逆目ともにクリアーするには最低でも、これぐらいの鉋屑じゃないとダメかなあ

IMG_1017

続いて、カラッカラの米杉。これもまた柾目の逆目が〜〜〜〜!!

IMG_1014

一人削ろう会。(笑)

IMG_1019

薄削りは鉋の基本、それが出来なければ仕上げれない物が沢山あります。

栃の板、床ノ間の仕事〜

IMG_0965

栃の良い板、床の間に使います。三尺の床の間なので切り使い。残りの板の長さも考えて木取りして、良い感じになるように木取ります。

IMG_0967

表面を電気鉋でさっと削って木目を確認。

IMG_0969

虫食いの所が色が変わって面白い表情になっています。

欠点と取るか、味と取るかは人それぞれ、狙って使えば侘び寂び。

今回、かなり良い感じで木取り出来た。テンションが上りますね

IMG_0974

蟻桟を仕込みます。沢山の蟻桟を造る時は蟻だけをテーパーに取りますが今回は2本だけなので蟻桟ごとテーパーにして仕込んでます。

IMG_0987

その後、削り。栃はモチっとしていて削りやすい、縮れも品のある感じで綺麗に出て良い床の間になりそうです♪

恒例の鏡面仕上〜

IMG_0995

加工前の厚み、一寸。比較的真っすぐで素直な板ですが大きな板ですから多少のひずみはあります。

IMG_0997

加工後、9分2厘。大きな機械にかければ一瞬で平らには出来ますが薄くなってしまいます。

手加工で最小限にひずみを取りながらやれば厚みを生かすことが出来ます。

IMG_0977

いつもは人造砥石ですが今回は天然砥石、理由は天然だと長切れするから。

 

もう、子供に勝てないのがドンドン増えてくるんだろうな〜

IMG_0951

長男(小学三年)のそろばんの答え合わせがもう追いつきません!!(泣)

お父さん、もうとっくに抜かれちゃってます。字は、まだまだやな、、、

妖怪ウォッチの絵なら負けてません!!(笑)

IMG_0952

こちらは次男(年長)のそろばん、お兄ちゃんの影響でやり初めたけど、子供の集中力は恐ろしい!!そして羨ましい!答え合わせはもう勘弁してもらって、その代わりに絵を書いてあげます(笑)

▲TOPへ