大工道具の紹介

新しい砥石を使ってみる!!楽し〜

IMG_2205

気になっていた砥石。買ってみました。400番と3000番

400番は刃こぼれがあるときに良いかな〜っと思い早速使ってみた。

IMG_2206

欠けてしまったノミ。研磨力のある砥石じゃないとちょっとつらい欠け。

IMG_2207

期待通り400番だから結構おろします。砥石の当りは柔らかい感じ。

さらに良い感じなのは400番にしてはなめらか。傷も思っていたよりも深くない

戸面は柔らかい分崩れやすいですがその分、治しやすい。僕はちょうど扱いやすい砥石だなと思った。

IMG_2209

400番の後、いきなり10000番の仕上げ(ナニワの10000)を当てみた

ノミならこの感じでも十分だと思う。

400番から仕上げ砥にいくには研磨力のある仕上げ砥じゃないとだめかな〜と言う感じですが、最近10000番くらいの新しい人造砥石が何種類か出てきているのでそれもまた気になる所です。

皆さん色々と研究して進化していく、いつになったらもう十分って満足するのでしょう?「研ぎ一生」って言葉があるぐらいだから十分満足することは無いんだろうな〜

終わる時は満足では無くて「これでもう良い」って言う妥協や諦めなんだろうな〜

自作のカケヤ

既製品のカケヤの柄が折れてしまっていたので、買わないとな〜なんて思っていたのですが、応援に行かしてもらっていた仕事を観て心が動いた。

自作のカケヤを作ろう!!

IMG_1296

頭はウバメガシ、友達の大工仲間と何年か前に切ったのを乾かしていました。皮ついたまま。

虫もつかずにちゃんといてくれました。

 

IMG_1276

柄も樫の木。これも友達の大工仲間から込栓用にともらった時の残りで。

めちゃめちゃ良い杢目!!

IMG_1283

そしてこれを友達の大工仲間の建て方で初使い!!気合の入った見事な木組み!

手造りってのは、どこかに物語があってそれがまた作った物への愛情と繋がっているのだろうな〜

思いのこもって無いものは作れない!

IMG_1298

削ろう会に向けて練習

 

IMG_1181

土曜日の夜は今度の削ろう会に向けて練習会。僕は台打ちをしてます。

IMG_1182

龍進斎、祭り!!

IMG_1183

こちらは初代、龍進斎

IMG_1184

こっちが、二代目、堤さん。

研ぎ場の照明

   最近、暗くなるのが早くなりましたね〜。
暗いと良い研ぎが出来ません>_<

バシッと研ぐには明かりが必要です🎵

  前からちょっと物足らなかった照明を変えてみた。頭が当たりそうやけど、手元がしっかり明るいから良い感じです。

あと、贅沢を言えば水道が欲しい(笑)  
久々に(底取り)シャクリ鉋をしっかり直した 

集中しないと刃と台が中々合わないですね、
 

この鉋の刃、何も鍛冶屋さんの事とは知らない時に買っていた鉋



切れるし良いなーって思っていたら  

鑿鍛冶の清久さんが造ったものでした。

特殊鉋の刃を作れる鍛冶屋さんも少なくなりましたが台を打つ職人さんもほとんど居なくなってしまった。

便利な機械が次々と出てくるなか、使う事が少なくなっていく手道具達が 増えて終いにはなくなり、その仕事さえなくなろうとしている。

溝なんか仕上げる必要ない?予算ある無いもあるだろうけれど、鼻っからいらんて言うのは

出来ないからそう言ってるだけにしか聞こえない。使わないと下手になってしまうから、感覚を鈍らせない様にしないといけませんね〜。

   
    
 

教材用の道具。

   学生達が使う道具、一応はプロ用。

実演した後、学生が僕に言いました。

「親方の道具は良い道具でしよ?」

軽トラとF1だとF1の方が速いに決まってると言わんばかりの感じだった。

まあ気持ちが分からなくも無い。

ならば、  学生達と同じ道具を使うことにしよう!


学校に置かれているクチャクチャになってしまった可哀想な道具を直して〜〜。     


使える様にしました〜〜

 

綺麗に復活!  

鑿も鉋も復活!!  

  自分達の道具がどれほど切れるのかを教えてあげよう。

そして良い道具の切れ味もその後に教えてあげよう。

その違いが色々解りだした時、大工と言う職業の奥深さを教えてあげよう

 

 

市弘追入鑿

IMG_0488独立と、新築祝いをかねてプレゼントしてもらった追入鑿!!

IMG_0491

三代目市弘、正三さん。まだ大工になって間もない時のことです

IMG_0492

削ろう会でお会いした時、何処の若造かもわからぬ僕の質問に対し丁寧に答えてくださり。「いつか頑張って使いたいです。」と言った時に「ぜひお願いしますね」と言ってもらった思い出が今でも忘れられませんね。造る物も素晴らしいですが、作りての人間に惹かれました。

IMG_0493

見えなくなる所もすごく綺麗な作りです。

IMG_0495

何処から眺めてもカッコイイ!!

IMG_0497

早く柄を入れて使いたい!!

こだわりの道具たちをご紹介していきます!



こちらでは、私のこだわりの大工道具を紹介していきます。

私は道具が好きで、時には手作りすることもあります。
愛着を感じている道具を大切に手入れして手掛ける仕事には、一層想いがこもるもの。
いい道具があれば、自然といい仕事につながるのだと考えています。

▲TOPへ