施工例

ポストの板

 

IMG_0668

ポストに使う板を木取りして加工します

IMG_0669

幅を加工後、やといざねの加工

IMG_0670

こんな感じで張って行きます。インターホンはお施主様のリクエストで〜

IMG_0671

板を加工して〜

IMG_0677

埋め込んでみました。板は外れるのでメンテもちゃんと出来ますよ。

 

 

柱、梁の加工

 

 

 

 

 

IMG_0599

三枚引きの建具のある出入口の部材。柱は五寸角。梁も五寸の八寸
IMG_0600

溝の加工をして底、脇をそれぞれ鉋で仕上げます。これは脇鉋。

IMG_0603

柱には防寒シャクリがあるので柱と梁を仮合わせ。確認と調整のあと仕上げます

 

IMG_0606

こちらは方立。防寒シャクリは枠を取り付けのための細工がしてあります

IMG_0604

確認をしてそのあとは鉋で仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0607後は組むのを待つのみ〜

寝屋川市 新築施工

寝屋川市で新築のご依頼をいただきましたので、工事の様子をご紹介いたします。


まずは素材選びから。
プレカットではなく、厳選した自然の木を切り出して使います。


骨組みになる木材に、墨つぼと墨さしを使って印をつけていきます。
これを「墨付け」と言います。
木材同士をどのように組み合わせるのか、頭の中でイメージして、線を引いていきます。


骨組みに使う木は、一本一本大工の手で加工を行います。
これを「手刻み」と言います。
木材同士がぴたりと組み合わさるよう、正確に刻んでいきます。


“木組み”と呼ばれる、金物に頼らずに込栓などで木と木をつなぐ工法を用いて、組み立てています。
部材同士がしっかりと連結され、強度のある骨組みが出来上がります。

これからも施工の様子をブログでご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

3 / 3123

▲TOPへ