IMG_2205

気になっていた砥石。買ってみました。400番と3000番

400番は刃こぼれがあるときに良いかな〜っと思い早速使ってみた。

IMG_2206

欠けてしまったノミ。研磨力のある砥石じゃないとちょっとつらい欠け。

IMG_2207

期待通り400番だから結構おろします。砥石の当りは柔らかい感じ。

さらに良い感じなのは400番にしてはなめらか。傷も思っていたよりも深くない

戸面は柔らかい分崩れやすいですがその分、治しやすい。僕はちょうど扱いやすい砥石だなと思った。

IMG_2209

400番の後、いきなり10000番の仕上げ(ナニワの10000)を当てみた

ノミならこの感じでも十分だと思う。

400番から仕上げ砥にいくには研磨力のある仕上げ砥じゃないとだめかな〜と言う感じですが、最近10000番くらいの新しい人造砥石が何種類か出てきているのでそれもまた気になる所です。

皆さん色々と研究して進化していく、いつになったらもう十分って満足するのでしょう?「研ぎ一生」って言葉があるぐらいだから十分満足することは無いんだろうな〜

終わる時は満足では無くて「これでもう良い」って言う妥協や諦めなんだろうな〜


新築・リフォームなど木造建築、古民家再生なら寝屋川市の工人堂

電話番号:080-3799-4664
営業時間:8:00~19:00
住所:大阪府寝屋川市清水町4-6

LINEで送る